ホーム > CSR

CSR

(リクルートジョブスのCSRについて)

リクルートグループCSR方針

私たちは持続可能な豊かな世界を目指し、すべての企業活動を通じて社会に貢献するために、
長期視点で社会課題に向き合い、行動していくことを約束します。
私たちの行動指針として「3つの行動指針」を、優先的に取り組むこととして
「5つの重点テーマ」を定めています。

CSR3つの行動指針
CSR5つの重点テーマ
「事業で社会に貢献する」をCSRの中心に、事業発展と共により大きくなる
「社会からの期待」と「企業市民としての責任」に応え続けます。
創業以来、リクルートは一人ひとりが輝く世界を実現したいという思いを大切に、事業を発展させてきました。事業を通じて社会に貢献することは、これまでもこれからも私たちのアイデンティティそのものです。
事業の発展とともに、私たちに期待を寄せてくださる方も少しずつ現れ、私たちは、その期待に応えることでさらに事業を磨き成長してきました。数多くの新規事業が生まれ、ここまで成長し続けて来れたのは、社会から寄せられる様々な期待や要望があってこそ。私たちはこれからもそれを忘れずに真摯に社会からの期待を受け止め、さらに、今後社会に求められることを自ら課題設定し、挑戦し続けます。
同時に、事業の発展は社会への影響力の拡大をもたらし、私たちの企業市民としての責任も大きくなっています。リーディングカンパニーとして応えていかねばならない要請が私たちにはあります。
事業発展とともに広がる期待と大きくなる要請。社会からの期待に応え、グローバル企業として責任を果たすことで成長する事業。 私たちはこれを「3つの行動指針」としてこれからも社会に貢献していきます。
社会の期待に応える/企業市民としての責任を果たす
グループミッションを実現するCSR5つの重点テ一マを設定しました。
私たちはグループ経営理念として掲げている一人ひとりが輝く豊かな世界の実現を目指し、
次の5つをCSRの重点テーマとして掲げました。
私たちが出来ること、やるべきこと、挑戦すべきことを、ステークホルダーと連携し、
実行していきます。

策定プロセスはこちら

1. 働く機会を創り、輝く人を増やす。
働くことは、社会とのつながりを通じて人生を豊かに輝かせる大切な機会です。誰もが自由に働き方を選べる、自分らしく働ける機会を創出していきます。働くことを通じて成長し、輝く人が一人でも増えるように、個人の持っている力が最大限活かせる社会を目指します。
2. 多様な生き方・暮らし方を支援する。
時代が急速に変化する中で、価値観は多様化し、生き方・暮らし方も多様化しています。今後は地域の活性化や高齢化する社会へ の対応を通じて、これまで以上に一人ひとりの多様な価値観に応える幅広い選択肢を提供していきます。誰もが自分らしく生き、 暮らしていける社会を目指します。
3. 将来を担う人材の可能性を引き出す。
一人ひとりが輝く世界を実現するためには、それぞれの人が持つ可能性を引き出すことが大切です。特に将来を担う子供たちや若者たちの育成は、少子化の進む日本の重要なテーマです。教育格差を減らし、学びたいという意欲に応える社会の創造に努めます。 またグローバル人材の育成やキャリア教育を通し、次世代を担う人材の創出に努めます。
4. 時代にあう働き方を自ら実践し広める。
時代の変化の中で、働き方も変化し続けています。私たちは、一人ひとりが輝くことを大切に、誰もが活き活きと働ける社会を導いていきます。そのために、まず私たち自身がダイバーシティを推進し、日本社会のモデルとなるような働き方を創りあげていき ます。特に日本がグローバル社会の中で遅れている女性の活躍推進においては社会をリードするような人と仕事の関係を多様な形 で提示していきます。
5. 人権を尊重し、環境を守る。
人が輝く世界の実現のためには、一人ひとりの人権を尊重することが大前提です。私たちは労働における基本的権利を尊重するとともに、あらゆる企業活動において差別や人権侵害を排除します。同時に、人が輝く場としての地球環境を美しく安全に守ってい くために、すべての事業活動において環境に対する配慮を徹底し、環境保全活動も積極的に取り組んでまいります。

策定プロセスはこちら

ページの先頭へ