ホーム > CSR > プロジェクト活動レポート (詳細)

CSR

(リクルートジョブズのCSRについて)

プロジェクト活動レポート 詳細

2011年02月28日(月) 愛知県名古屋市

名古屋市立名城小学校にて「仕事」に関する課外授業を実施いたしました。
  • 当社の社員がこの日だけは先生になって子どもたちに「しごと」について考える授業を行いました。
  • 参加した子どもたちは、たくさんの発見や気づきを持っていただけたようです。
  • 子どもたちは、いくつかのグループに分かれて、それぞれ相談しながら自分たちの考えをまとめていただきました。

毎日普通に飲んでいる牛乳。さてこの牛乳が、みんなの手元に届くまでには、どんな人たちが関わり、どんな工夫を行っているのかをみんなで考えてみましょう!

今回授業を実施したのは、愛知県名古屋市にある市立名城小学校です。市内中心部の中区丸の内にあり、開校から130年以上の歴史がある由緒ある小学校です。 授業内容は、「世の中にたくさんの仕事があること」「すべての仕事にやりがいがあること」、そんなメッセージを生徒につたえることです。そこで、題材として1本の牛乳が手元に届くまでにどれだけの働く人たちの「仕事」が関わっているかを勉強してもらいました。

毎日普通に飲んでいる牛乳。さてこの牛乳が、みんなの手元に届くまでには、どんな人たちが関わり、どんな工夫を行っているのかをみんなで考えてもらったのです。参加した生徒たちには、いろんなことを感じ、新しい発見をしていただけましたので今回はその一部をご紹介します。

【子どもたちが感じたこと】
●牛乳1本を作って届けるのにたくさんの人が関わっていて驚きました。
●お父さんの仕事にもっと興味を持ちたくなりました。
●パック、シール、配送・・・・・・・1本の牛乳を作るのに、たくさんの会社が支え合っていることに感動しました。
●将来なりたい職業は決まってないけど、人のためになるやりがいのある仕事がしたいと思いました。
●どんな小さな仕事も誰かに必要とされていると感じました。
●牛乳以外のものだって多くの人に支えられて作られているはずなので、感謝して使おうとおもいます。

そのほか参加した生徒全員が、それぞれいろんなことを感じ、発見をしてくれました。限られた時間ではありましたが、授業の目的はなんとか達成できたのではないかと感じています。

東海事業部
佐守 優妃栄

全国のあらゆる業種のお客様と接している私たちだからこそ、例えば新聞配達人の楽しさや、塗装職人の仕事の楽しさも知っている。
それを今スグの求職者の方に伝えるだけではなく、まだまだ色々な可能性がある小学生に伝え、そこから新しい道が開けるきっかけを与えられたのが、とっても素敵な経験でした。
子どもたちの目が輝いていて、「たのしかった」「将来の夢が見つかった」と言ってもらえて、とてもうれしかったです。

ページの先頭へ