主婦やシニアの方の活躍創出部門

主婦やシニアの方の活躍創出部門賞「ヒト部門」

エントリーNO.09矢沢加工所企業組合

主婦・シニアの方の活躍の概要

当時、農家に嫁いだ女性は自分のための現金収入がなく、自分名義の通帳もないのがあたりまえだった中で、農産物加工技術を学び、「女性でも何かやりたいね。農家の主婦だって自分の通帳を持ちましょうよ」と声をかけ合い、還暦を超えた60~80代の農家の女性7名で矢沢加工所企業組合を設立。仲間の離脱や銀行からの資金借り入れ難航など、世間の厳しさを実感することも多かったものの、志を理解してくれる市役所や農協の協力を得て、見事起業を成し遂げられました。
現在、パートを含む10名のスタッフは全員が女性です。「仕事と子育ての両立」は今も昔も変わらぬ主婦の方の課題ですが、家庭を持つ主婦の先輩と後輩同士、それぞれの家庭の事情に応じた柔軟な働き方を許容しています。子どもが幼稚園児のころは14時までの勤務だった方も、子どもが就学した今は定時まで働き、学校行事のある日は休みを取るなど柔軟なシフトで活躍を続けています。

投票者からのコメント、評価ポイント

「農家の主婦も通帳を持とうという意識が、パイオニア精神だなと感激しました」
「農家のお母さんたちの挑戦がとても素敵です!」
「やりたい暮らしを実現するために、自分たちで仕事を作り、工夫して生み出している。女性が元気に活躍する姿に勇気をもらいました!」
「年配の方から若い世代の方たちまで一緒に働ける環境が素晴らしいと思った」
「今現在の活躍から次の世代へ引き継がれる、女性の信念あるパワーを感じます」
などの共感の声が数多く寄せられました。子育て世代からシニア世代までの女性が助け合いながら活躍されている点と、さまざまな苦難を乗り越え還暦を過ぎてからの起業を成し遂げた、誰もが会いたくなるパワフルな塩尻の女性の魅力から、主婦やシニアの方の活躍創出部門「ヒト部門」として表彰させていただきます。

受賞を受けて

受賞のお知らせをいただいたときはびっくりして、夢のようだと思いました。投票してくださった方々と、私たちの活動を支えてくださっている地域の方々、そして製品をご愛顧くださっている方々に心より御礼申し上げます。私たちはみんな農家の主婦で、農産物や加工品の知識・経験はあっても、経営についてはまったくの素人でした。それでも、農家の女性の自立を目指すことからはじまり、安全でおいしい食品を届けたいという思いで、今日まで製品をつくり続けてきました。それがこのような形になってとてもうれしく、感謝の気持ちでいっぱいです。この気持ちを日々の製品づくりに活かし、これからも仲間と助け合いながら、安全でおいしい食品をみなさまにお届けできるようにがんばりたいと思います。本当にありがとうございました。
(矢沢加工所企業組合理事長 塩原輝子さん)

主婦やシニアの方の活躍創出部門賞「モノ部門」

エントリーNO.02キングパン協業組合

主婦・シニアの方の活躍の概要

定年を80歳に定め、人材を確保しにくい早朝の時間帯でシニアの方を再雇用。78歳・勤続62年の大ベテランの方や、別の企業を定年退職した後にキングパンで働き始めた63歳の方をはじめ、60歳以上の従業員の方が20名近く現役で活躍されています。早朝4時半や5時からお昼過ぎまで働き、午後は友人と会ったり庭の手入れをしたりできる、仕事もプライベートも楽しめる働き方です。シニアの方が働きやすいように、体を休めたり、仕事仲間と囲碁や将棋を楽しめる休憩室も職場に設置されています。
その一方で、主婦の方が働きやすいように、子どもが家にいる長期休暇中は仕事を休める制度も採用。事業者としても長期休暇中は学校給食がなく仕事量が減少するため、事業者側と働き手のニーズをうまく合致させた勤務制度になっています。学校行事などによる休みや遅刻・早退の希望も細やかに対応してもらえるため、主婦の方にとっても働きやすい職場です。

投票者からのコメント、評価ポイント

「地域に根付いた、自分達の、地元の子ども達のためになくてはならない活躍の場があり、また勤務形態も多様で主婦やシニアに適応している」
「給食で食べて、地元に愛されるパンを製造できる喜びがありながら、従業員を考えたシフト制で勤務できる」
「パンは、小さな子どもから年配の方まで手軽に食べられて、また作るのも、それぞれの想いを形にでき楽しい時を共有できるということが、キングパンさんから伝わってくる」 などの共感の声が数多く寄せられました。シニアや主婦などさまざまな世代の方が一丸となって子どもたちの学校給食を支えていらっしゃる点と、もっちりと引きのある食感と餅のような甘みのある、地元産の米を使用した米粉パンの人気の高さを評価して、主婦やシニアの方の活躍創出部門「モノ部門」として表彰させていただきます。

受賞を受けて

このたびは主婦やシニアの方の活躍創出部門「モノ部門」を受賞させていただき、大変うれしく思います。まずは投票に参加してくださったみなさまに、心より御礼申し上げます。本当にありがとうございました。今回の結果を受けてキングパンという企業は、想像以上に地域で愛されていると実感することができました。同時に、それはみなさまの期待でもあり、その期待に応え続けることが我々の責務なのだと身の引き締まる思いとして感じております。これからも子どもたちをはじめとする地元の方々においしくて安心・安全なパンをお届けし、地域に愛される企業を目指して行きたいです。そのためにも、品質の高い製品づくりと、働きがいのある職場環境づくり、そしてチームワークを中心とした人づくりに、気持ちを新たに取り組んで行きたいと思います。
(キングパン協業組合理事長 倉橋良幸さん)

主婦やシニアの方の活躍創出部門賞「コト部門」

エントリーNO.11ゆいまーる沖縄 株式会社

主婦・シニアの方の活躍の概要

主婦の方がイキイキと働けるように、フルタイムとパートタイム以外に、その中間の働き方ができる「7時間勤務」という勤務形態を設置。これによって、フルタイム正社員と同等もしくはそれ以上の意欲や能力があるものの、長い時間は働けない方がより活躍できる環境を整えています。勤務時間は個人のライフスタイルに合わせて「5時間」「7時間」など選べるようにしています。
また、主婦の方のもつ『生活者視点』を活かすために「業務改善プロジェクト」を実施。業務を通じた従業員のアイデアを積極的に募集し、成果につながったものを表彰、インセンティブを授与しています。その他、プライベートを充実させるための制度「ゆくいまーる休暇(雇用形態にかかわらず、有給を5日間以上連続で取得する規則)」や、沖縄についての理解を深めるための「図書研修費支援」など、主婦の方がやりがいを持って働き続けられる環境が整備されています。

投票者からのコメント、評価ポイント

「働く女性(母親)にとって、勤務時間を選択できるのはとても素晴らしいと思います。やはり一番気になることは仕事と家庭の両立ですから、勤務時間を選択できる事は凄く羨ましいです」
「女性は男性に比べてライフスタイルが変化していくので、それに合わせた制度があるのはとてもありがたい事だと思います」
「社員の視点に立った制度がとても良いと思った。」
などの共感の声が数多く寄せられました。女性がライフスタイルの変化に応じて勤務時間を調整でき、やりがいを持って働き続けられる工夫をきめ細やかな制度で実現されている点と、沖縄の経済的自立を目的に、利益率が低くても沖縄県で原料調達もしくは企画製造されたもののみを取り扱う経営理念と取り組みから、主婦やシニアの方の活躍創出部門「コト部門」として表彰させていただきます。

受賞を受けて

このたびは主婦やシニアの方の活躍創出部門「コト部門」に選出いただき、誠にありがとうございます。投票に参加してくださったみなさまに、心より御礼申し上げます。今回、このような企画に参画できたことで、改めて会社としてのあり方や目指すべき姿を、俯瞰して再確認することができました。弊社は、「沖縄の自立」を理念として掲げ、企業活動に励んでいます。そのために、昨今の多様化する働き方に対応すべく、フルタイムでもなくパートでもない中間の働き方である7時間勤務制度や有給促進制度の導入、沖縄のことを学ぶための図書研修費の付与など、従業員1人1人が自分に合った環境の中、最大限の自己成長を果たせるよう、労働環境の整備に努めてきました。現在、弊社の核となる事業は流通ですが、今後は、それだけではなく「創造力」をキーワードに、さらなる沖縄の価値創出のために努力し続けたいと思います。
(ゆいまーる沖縄株式会社 代表取締役社長 鈴木修司さん)

取材・撮影・デザイン・コーティング/アトリエあふろ
ライティング/アトリエあふろ(富成深雪、岡本靖正、佐藤福子)、N2(小野剛志)、川島 剛、永田知子

ページの先頭へ