Entry

[ 福岡エリア ]

見立てる、仕立てる、動かす。
クライアントとの出会いから学ぶこと。

Profile
中村 佳史2013年入社 福岡支社
ワクワクできる仕事、自分の努力が会社業績や顧客満足度に直結する仕事を求め、医療系人事から転身。現在は多角経営、多店舗展開をしている大手・中堅企業に対し、採用だけでなく、定着、活躍まで見越したソリューションを提供している。

殻を破ることで得られた成長

入社してしばらくは、自分の殻を破ることができずなかなか成長に結びつきませんでした。クライアントの潜在的な課題を掘り起こすような関わり方もできず、当たり障りのない営業トークをしていました。そんな自分を変えるきっかけをくれたのは、チーフでした。あらゆる局面で「どうしてそう思うの?」と問いかけ、内省の機会を与えてくれました。内省を繰り返す中で、うまくいかないことの責任を転嫁している自分に気づいた私は、逃げずに仕事と向き合おうと決心しました。それからは、商談では自分がクライアントのためにできることを洗い出した上で最適な提案を行うことを意識し、成果にもこだわるようになりました。

定着まで見据えることで
提供価値を最大化

クライアントのためにできることを考えていくうちに、業績だけでなく、求人広告に対する応募人数や採用効果、人材の定着、活躍にも意識を向けるようになりました。人材派遣事業のクライアントを担当していたのですが、就業人口の少ないエリアにおける人材不足を課題とされていました。現場の状況をヒアリングした結果見えてきたのは、人材不足の現場には育成を担う余裕がなく、新しく採用した方がすぐに辞めてしまい、さらに現場に余裕がなくなるという負のスパイラルでした。これが本質的な課題なのではないかと仮説を立て、採用活動のサポートに加え、新人を定着させる仕組みを提案しました。たとえば1日の終わりに、上司が新人に「今日はどうだった?」「困ったことはない?」という声がけのフローを組み込むという取り組みです。簡単なようでいて忙しい現場では忘れられがちなことだからこそ、仕組みとして取り入れる必要があると提案したのです。結果、上司と新人の間のコミュニケーションが活性化され、相談しやすい関係性が構築されたことで、新人の不安や不満の解消につながり、定着率向上に繋げることができました。さらには、担当者様から「仕事に向かうあなたの姿勢を評価しています」という嬉しい言葉をいただきました。今後もクライアントへの提供価値を高める取り組みを大切にしたいと思えた出来事でした。

将来に向けての武器

将来の夢の実現に向け、リクルートジョブズで得られるものは大きいと感じています。これまでご縁のあったクライアントは数百社にのぼり、その数だけ担当者との出会いがありました。対峙する担当者は経営者や人事担当者、店舗の店長など本当に様々です。私たちは様々な方からたくさんのお話をヒアリングしたり、現場に伺ったりすることで自ら課題を設定し、その解決のために必要な人を巻き込み、協働していきます。これらは決して簡単にいくことばかりではありませんが、いつか起業して社会に価値を提供するためにも必要な経験だと考えています。そういった意味でもリクルートジョブズで積める経験は、未来の自分にとって頼もしい武器となると思うのです。

中村 佳史さんが働く福岡支社の様子

福岡支社について
〒810-8557
福岡県福岡市中央区舞鶴1-1-3
リクルート天神ビル 7F
福岡市営地下鉄1号線天神駅1番出口より徒歩5分
または西鉄大牟田線福岡駅より徒歩8分

>MAP

※この記事は2016年7月時点のものです

このページをシェアする Twitter Facebook LINE
この拠点のエリア採用にエントリーする

その他の社員を見る