RECRUIT JOBS RECRUITMENT

Stand Out!

広い視野に立ち、
自社メディアやマーケットの進化に尽力したい。

渡邊 亮輔
プロダクト開発室
カスタマウェブ開発部
カスタマウェブ開発2グループ
2012年入社
昨年、全面リニューアルされた『タウンワーク』のWeb サイト。主に基盤のリニューアルだけで、機能に大きな変化は無かったにもかかわらず、なぜかユーザーからの応募数が落ちていました。「その原因を解明し、直ちに手を打たなければ」と、Webディレクターとしてチームを立ち上げました。スピードと柔軟性を重んじ、取り入れたのは「スクラム開発」という手法。変化の激しいマーケットにおいても、価値の高いプロダクトを提供し続けられる開発手法のため、その効果は高く、社内の開発体制に新たな可能性を示しました。

落ちた効果を早急に取り戻す。
誰もが当事者意識を持った開発体制

サイトのデザインは同じだから、ユーザー数も応募数も変わらないのが前提でした。しかし、全面リニューアルした翌日から明らかに応募効果が落ちていました。最初は何かの間違いかと思ったくらい、「何が課題かわからない」状態から始まりました。分析していくうちに、機能のラインアップが同じでも、ユーザーのニーズをあれもこれもと取り込みすぎたリニューアルになっていたことが分かりました。「誰にとっても使いやすいように」という思いが、逆に、個々のユーザーの使い心地を悪くしていたのです。そこで、応募効果を取り戻すべく早急に改善策を打ち、サイトの強化を図っていくために開発メンバーを集めました。その時、私が一番大切にしたのは、社外パートナーも含め、メンバー全員が一体になれるチームづくり。何を目標とし、何をつくりたいのか。情熱を持って皆で目線合わせをしました。社内のみに閉じていた様々なデータもすべてチームメンバーに公開することで、誰もが当事者意識を持って開発に臨めるよう心がけました。

ユーザーが本当に使いやすいものを、
スピーディーかつ柔軟に追求する

私としては、ユーザーの要件を素早く反映しながらプロダクトを開発する「スクラム開発」という手法に移行したかったのですが、急に開発方法を変えるのはハードルが高い。しかし、途中で仕様変更が認められない従来のウォーターフォール開発では、時間がかかってしまいます。そこで「高速ウォーターフォール」という変形手法をつくり、効果の上がりそうな改善策を次から次へと打ち出しました。豊富にあった機能を絞り込んだり、凝ったデザインを修正したり、ユーザーにとって「わかりやすく、見やすいサービスをつくる」とこだわりを持って取り組みました。このような時、自分の専門領域を超えて、チームメンバー全員で様々な視点からアイデアを出し合うことが非常に力になりました。細かな改善策の積み重ねでしたが、従来の方法と比べると見違えるようなスピードで、落ちていた効果を完全に取り戻すことができました。その後、「スクラム開発」に移行したことで、求人案件数が大幅に増えました。さらに短期間にユーザーニーズにこたえる改善ができるようになり、応募数も大幅に増加しました。その効果はもちろん社内外の垣根をなくし、一体となって柔軟に課題に挑むチームを作れたことが、何よりも嬉しく感じています。

届けたいものが人に届く喜び。
その原体験を明日につなげる

『タウンワーク』で構築したこのスキームを、他媒体の開発チームにも展開していきたいと考えています。大規模なサービス事業者が、「スクラム開発」の手法を採るのはまだ珍しいのですが、目まぐるしく環境が変化するWebの世界で、ユーザーに対して常に「実現したい価値」を提供し続けるためには、私たちのようなチーム体制はフィットすると思います。私は大学生時代に仲間と起業してアプリを開発していました。自分がつくったものが世に出てユーザーから反応があった時、ものすごく嬉しく思いました。届けたいものが人に届く喜び、それが私の原体験。改めて今、『タウンワーク』という大きな多くの「働く」を考えるカスタマーにご利用いただいているメディアに携わっている責任感と共に、より多くのユーザーの期待に応えていけるという大きな手応えを感じています。求職者、求人企業、そして私たちリクルートジョブズのメディアを一緒に作り上げていく仲間たち、関わっている全ての人のために、私はより一層自社メディアを通して市場を進化させていきたいと思います。