RECRUIT JOBS RECRUITMENT

Stand Out!

働きたいと思っている人に、
その人らしく働ける機会を。
リクルートジョブズだから実現
できることを、もっと形にしたい。

松浦 広和
マーケット営業統括室
営業企画部 営業企画1グループ
2013年入社
IT系コンサルティング会社からから転職をしてきた私の志望理由は、「働きたいのに、働くチャンスを得られていない人のために、より多くの働く機会を創りたい」というもの。その想いを胸に抱きながら、現在は、リクルートのメディアをクライアントに届ける営業戦略立案に関わっています。リクルートジョブズは、お客様の “採用成功”に伴走し、多種多様な働き方の実現を目指していく中で、営業の方たちと一緒にどのように実現するのか。ここに心血を注いでいます。

自らの想いを起点に、
社会にインパクトを残せる仕事を

新卒で入社したのは外資IT系コンサルティング会社。その志望理由は「少しでも早く自分が成長し、誰かの役に立ちたい」という考えから。コンサルタントとしての論理的思考や問題解決能力が身に付けば、本当に困って助けを求めている人の力になれるはずだ。そう信じていたからです。そして、がむしゃらに5年が過ぎて、ある程度のスキルが身に付いた頃、何故か立ち止まっている自分がいました。自分がクライアントに向き合い提案をした先には、どんなインパクトが社会に対して実現できているのか。そもそも、自分は社会に対して、何を実現したいのか。 そう考えた時に、「働きたいと思っている人が、様々な理由で働けていない」という社会の不に辿りつきました。この課題に向き合ってみたい。そう考えた時に、見えてきたのがリクルートジョブズという会社でした。

スピード感や意志と意志との
ぶつかり合いに、圧倒されて

入社して私が任されたのは、メディアの販売戦略立案でした。これは数値目標の設定や販売しやすい仕組みを考え提案する仕事です。しかし、担当直後は戸惑うことの連続でした。「この仕事で成果を出すことが、次の仕事につながり、自分の想いの実現になっていく」。その言葉に頷きながらも、任される仕事のスピードと、一人ひとりがはっきりと意志を主張する風土に圧倒されるばかり。それでも、必死に食らいついて1年。今はやっと同僚たちと同じスピードで思考し動き回る自分がいます。任されている戦略立案は事業の明日を決める重要な仕事。その中心にいる自分が、軸をしっかりと持たなければ戦略を実行できないと、信念を持って向き合い続けています。

働きたい人に、どうやって、
機会を提供していくか

私にはどうしても成し遂げたい仕事があります。それは、入社動機でもある「働きたいと思っている人が、様々な理由で働けていない」という社会の不を解消すること。この想いを持つきっかけは、育ってきた環境にあります。高校生の頃、親類が会社を辞め、その後転職に苦しんでいた姿を間近で見てきたからです。同じような思いをする人を少しでも減らしたい。働くことは、人生を豊かにすること。だからこそ、働きたいのに、働くチャンスを得られていない人により多くの機会を創っていきたいと思っています。たとえば、面接にチャレンジする前に諦めてしまう人の「不」。魅力を相手に伝える手段がわからずに困っている人の「不」。年齢や性別、国籍の壁。これらを出来る限り取り払いたい。すでに、リクルートジョブズではこのような方のために様々なイベントを開催しています。これらのアプローチはもちろんのこと、さらに新しい考え方はないのか、隠れたニーズを掘り起すことはできないのか。これからも、広く深く労働市場を捉えながら、この想いを胸に多種多様な働き方の実現へ少しでも貢献することができれば、そう考えています。